MENU

【再放送】文学処女を1話~最終話までイッキに無料視聴する方法|森川葵さんと城田優さんの色気が凄すぎるドラマ!

「文学処女」は森川葵さんと城田優さんが主演のドラマで、とても人気がありましたね。

そんな「文学処女」の 1話〜最終話までの再放送情報や視聴方法を紹介します。

文学処女の再放送日情報などを掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてください!

ドラマ子のアイコン画像ドラマ子

森川葵さんと城田優さんの恋愛ストーリーでしたわね!
私、島田優さんのファンなんですよ…!

ドラマ博士のアイコン画像ドラマ博士

2人の元々あった色気が最大限に引き出されておるドラマじゃ。
まさに「大人の恋愛」じゃな。

目次

文学処女を無料視聴する方法

文学処女はU-NEXTで1話~最新話まで視聴可能です。

現在U-NEXTは31日間無料キャンペーン中なのでその期間内なら無料視聴できます!

>>U-NEXTでイッキ見する(公式ページ)

文学処女の2020年再放送日程

ドラマ博士のアイコン画像ドラマ博士

今回の再放送は、色々な地域で放送されるから最高じゃ!
ただ、他の放送時間と間違わんようにな。

MBS
第1話:5月28日(木)24:59~
※以降、毎週放送

テレビ神奈川
第1話:5月28日(木)23:00~
※以降、毎週放送

テレチバ
第1話:5月29日(金)毎週24:00~
※以降、毎週放送

テレ玉
第1話:6月1日(月)毎週23:00~
※以降、毎週放送

とちテレ
第1話:6月4日(木)毎週22:25~
※以降、毎週放送

群馬テレビ
第1話:6月4日(木)毎週23:30~
※以降、毎週放送

文学処女のあらすじ 出版社を舞台にした恋愛ストーリー

ドラマ博士のアイコン画像ドラマ博士

大人の世界を描いた恋愛ストーリーじゃ。
20分放送じゃから、分かりやすく話がまとまっておるぞ。

1話 エピソード1

出版社の文芸編集部で働く月白鹿子(森川葵)は、恋愛経験がない26歳。超売れっ子ミステリー作家、加賀屋朔(城田優)の担当に抜擢され張り切る鹿子だったが、加賀屋の機嫌を損ねてしまい、「もうお宅では書きません」と引導を渡されてしまう。そんな絶体絶命の中、加賀屋がノミネートされた文学賞の受賞発表の日を迎えた鹿子。鹿子が加賀屋に近づけずにいる一方で、常に加賀屋の隣をキープするライバル社の美人編集者、有明光稀(泉里香)。果たして鹿子は、加賀屋に担当として認めてもらえるのか?そして、加賀屋との恋の行方は──?

MBS

2話 エピソード2

加賀屋(城田優)の機嫌を損ねてしまった鹿子(森川葵)はホテルの部屋に連れていかれる。まさか処女喪失の危機……!?と思いきや、加賀屋は打合せをしようと言い出す。鹿子は加賀屋の恋愛小説が再び読みたいと語るが、頑なにそれを拒む加賀屋。そんな加賀屋に、鹿子は26年間恋愛経験が全くなかったことを打ち明ける。「こんな話役に立たないですよね……」と落ち込む鹿子の手を取り、優しい眼差しを向ける加賀屋。「どんな恋がしてみたい?」加賀屋に導かれるように「女の顔」を覗かせる鹿子。急接近した二人の恋の行方は───?

MBS

3話 エピソード3

ホテルのベッドで上半身裸の加賀屋(城田優)とともに目を覚ました鹿子(森川葵)。「まさか先生と……!?」酔っ払っていたのか全く記憶がない鹿子だったが、加賀屋から「何もなかった」と聞かされる。安心したのも束の間、自分から加賀屋にキスをしたという衝撃の事実が発覚。一方、密かに鹿子を想っている同僚の望月(中尾暢樹)は、鹿子と加賀屋の関係が気になって仕方がない。「私は加賀屋先生のことが好きなの?」自分の気持ちがわからないまま迎えた加賀屋のサイン会当日。鹿子は不注意から加賀屋の手に怪我をさせてしまい──?

MBS

4話 エピソード4

サイン会を終えた鹿子(森川葵)は、加賀屋(城田優)へのこれまで感じたことのない胸の高鳴りを感じていた。 同僚の望月(中尾暢樹)からもアプローチを受け、もはや大混乱の鹿子。そんな中、稿が間に合わないという加賀屋に呼び出される鹿子。いつになく弱り切った加賀屋の姿に愛おしさを感じていると、赤文社の光稀(泉里香)がやってくる。二人のただならぬ関係性に、胸がズキズキと痛む鹿子。鹿子は少しずつ、加賀屋への恋心を自覚し始めていた。そんな中、締め切りに間に合わせるために鹿子は泊まり込みで作業することになり──?

MBS

5話 エピソード5

「先生、この気持ちは、恋でしょうか…」そんな鹿子(森川葵)の問いかけに「デートしようか」と言う加賀屋(城田優)。加賀屋は担当作家。行ってはいけないと思いつつも、デートに行ってしまう鹿子。生まれて初めてのデート楽しみながら、加賀屋への想いが確かになっていくのを感じていた。そんな時、望月(中尾暢樹)と編集長の娘、三島暁里(古賀哉子)にバッタリ遭遇。そのまま4人で遊びに行くことになってしまう。年下なのに恋愛上級者の暁里に背中を押され、気持ちを伝えようとする鹿子だったが、加賀屋の本音を聞いてしまい──?

MBS

6話 エピソード6

加賀屋(城田優)の本音を聞いてショックを受ける鹿子(森川葵)。そんな鹿子に「俺は大事にするよ」と告白する望月(中尾暢樹)。しかし、加賀屋に鹿子を連れ去られてしまう。そんな望月を複雑な気持ちを抱えながら励ます暁里(古賀哉子)。矛盾した行動ばかりの加賀屋に、鹿子は「先生が好きです」とまっすぐに気持ちを伝える。加賀屋も正直に自分の気持ちを告げる。想いを確かめ合った二人は、共に夜を過ごすために加賀屋邸へと向かった。一方、三島(河原雅彦)に呼び出された光稀(泉里香)。そこで語られる加賀屋の過去とは──?

MBS

7話 エピソード7

加賀屋(城田優)が鹿子(森川葵)との恋愛に踏み切れない理由──そこには加賀屋がかつて愛した女性、天村千夜香(田辺桃子)の存在があった。しかし、加賀屋のそんな過去を知りえない鹿子は、あの夜加賀屋に拒絶されてもなお、変わらぬ想いを抱いていた。そんな鹿子の元に、記者から加賀屋へのインタビューの依頼が舞い込む。しかし、その記者は加賀屋の過去について知っているようで──?

MBS

最終話(8話) エピソード8

加賀屋(城田優)が婚約者と死別していた事実を知る鹿子(森川葵)。「僕みたいな男はやめたほうがいい」そう鹿子を突き放す加賀屋。彼女の死の真相とは──?傷ついた鹿子を家まで送る望月。二人きりになった鹿子と望月はどうなるのか──?さらに、加賀屋から執筆活動を休止したいとの連絡が。二人の歪な恋の行方は──?

MBS

文学処女の感想 森川葵さんと城田優さんの色気が半端ない!

ドラマ博士のアイコン画像ドラマ博士

もはや、森川葵さんと城田優さんの色気を見るために視聴していたわい…。ある意味事件じゃ、これは…。

僕の感想

このドラマを簡単に言うと、「森川葵さんと城田優さんの色気が恐ろしすぎる」というドラマです。

森川葵さんの色気はもちろんなのですが、筆者的に注目してほしいのは、城田優さんの色気の方です。

メガネを取る仕草、強引な姿勢など、城田優さんの男の色気はもうすご過ぎます!!

筆者の意見ですが、城田優さんの色気は正直人をダメにしてしまいます…!

また、このドラマは1話が約20分くらいと短編ストーリーで構成されています。

そのため、ストーリー内容も分かりやすくなっていて、恋愛ドラマを初めて観る方でも観やすいドラマです。

世界観も文句なしによかったので、「大人の恋愛」を隅々まで楽しめます!

気軽に大人の恋愛模様を描いたストーリーを楽しめる、最高のドラマでした!

SNSの感想

文学処女の視聴率(2018年)

1話:1.6%
2話:1.1%
3話:1.3%
4話:0.5%
5話:1.5%
6話:後に記入
7話:0.9%
8話:0.5%

ドラマ博士のアイコン画像ドラマ博士

一見低い視聴率じゃが、このドラマは、当時深夜1時半放送じゃった。
深夜1時半で視聴率が1%超えてること自体凄いのじゃ!

文学処女のキャスト・相関図

  • 月白鹿子:森川葵
  • 加賀屋朔:城田優
  • 望月千広:中尾暢樹
  • 七星真樹:上遠野太洸
  • 三島暁里:古賀哉子
  • 天村千夜香:田辺桃子
  • 川端龍之介:綱啓永
  • 谷崎鏡花:池上紗理依
  • 有明光稀:泉里香
  • 三島皓:河原雅彦
ドラマ博士のアイコン画像ドラマ博士

森川葵さんと城田優さんを中心とした、豪華実力俳優揃いじゃ!
大人の恋愛にピッタリな人ばかりじゃな!

まとめ

「大人の初恋」をテーマにした色気溢れるドラマに仕上がっていますので、ぜひ再放送を楽しんでください!

「文学処女」を見逃してしまった方や、後でゆっくり見たい方はU-NEXTで視聴できます!

31日間無料のキャンペーン中にイッキに見ちゃいましょう!

>>U-NEXTでイッキ見する(公式ページ)

コメント

コメントする

目次
閉じる